FC2ブログ

しまちゃん正式譲渡になりました

しまちゃんは推定2歳前後の女の子。
2018年1月終わりにたまゆらに来ました。

shima13.jpg

猫さんが苦手なのかフロアデビューした時に自分以外の猫全員にシャーシャーのご挨拶で、随分と気の強い子が来た…!と思ったのを覚えています。
幸いシャーシャーはしばらくしたら落ち着いて、その後はほどほどの良い距離で過ごすことが出来、遊び好きの一面も見せてくれるようになりました。

ただ、やはり集団生活や猫の入れ替わり、不特定多数のお客様の出入りがストレスだったのか、たびたび体調を崩すようになってしまったしまちゃん。
通院より入院の方がストレスが少ないかな、と病院にお預けすることもありました。
するとしまちゃん、まるで自分だけの個室感覚になるのか、病院でご機嫌で過ごしてくれるのです。

shima15.jpg

それならば、とバックルームでのんびり過ごしてもらおうと隔離すると、今度は寂しいらしく隣の部屋から悲しげな声が。スタッフがバックルームに行くと嬉しそうに寄り添ってくれるのですが、ずっとバックルームにいるわけにもいきません。賑やかなのは苦手だけど、独りぼっちも駄目なようです。
病院ではただ個室というのではなく、先生や看護師さんが時間を作っては構ってくれていてご機嫌だったのだと気が付きました。(本当にありがとうございます)

shima16.jpg

これはもう早くずっとのお家に行くしかない、また体調を崩してしまわないようそれまでは出来る限りフォローしてあげよう、と覚悟を決めました。
開店準備中よく冷蔵庫の上で寝ていたしまちゃんの為に、それまでは猫立ち入り禁止だったキッチンに営業中も入れるようにしたのもその頃です。

shima14.jpg

そんなしまちゃんにお声を掛けてくれたのは、先代の猫さんを少し前に亡くされたご家族でした。
しばらくお店に通ってくださったのち、一人っ子を希望されているとご相談いただいたので一人っ子気質の猫さんをご案内し、家族会議の末しまちゃんを迎える決断をされました。

しまちゃん、念願の一人っ子で甘え放題の生活がスタートです。

最初の頃は緊張がなかなか解けなかったしまちゃん。
確かにトライアルのご報告写真はまだお顔がこわばっていて、環境の変化に戸惑っている様子がうかがえました。

shima1.jpg

それでも里親さんはしまちゃんの為にどうしてあげるのが良いか一生懸命考えてくださいました。
その甲斐あってか1週間が経過するころにはすっかり慣れ、トライアルが終了するより前に「これからは、我が家の大事な箱入り娘として育てます」と正式譲渡宣言をいただいたのです。

そのあとにお送りいただいた写真には、幸せなしまちゃんの表情がたくさん!

shima9.jpg 

shima11.jpg

shima8.jpg
お持たせにいただいたお気に入りのベッドです。


shima12.jpg
 
shima7.jpg

shima10.jpg 

お店ではたまにしかお膝に乗らなかったしまちゃん。
お家では美声で奥さまの後をついて歩き、ご家族の腕の中で寛ぐ毎日とのことです。

名前は変わらず「しま」とのこと。
おめでとう、しまちゃん!
末永くずっとずっとお幸せに‼

ランスロット正式譲渡になりました

白黒半長毛のランスロットは、7月半ばに兄弟のパーシヴァル、そしてユメガちゃんキット君と一緒にたまゆらに来ました。

ran14.jpg

緊張して固まっているユメちゃんキットくん兄妹とは対照的に、初対面から物おじせず友好的で大はしゃぎしていたランスロットとパーシヴァル。

ran12.jpg
両兄弟(兄妹)のケージの乱れ具合が性格を物語っていて思わず笑ってしまったものです。
(上段ユメガ&キット。下段ランスロット&パーシヴァル)

フロアデビューした後もよく遊びよく寝てよく食べて、と自由にマイペースにたまゆら生活を満喫していました。
特にごはんとおやつへの張り切りはすさまじく、おやつタイムでは常連さんでもたじろぐほど。
正直、こんなに食への執念が深くてお家に送り出せるかな、と不安に思ったこともあります(笑)

ran13.jpg

仲良し兄弟のパーシヴァルと同じ家に迎えてもらえたら嬉しいな、と思ったこともありましたがパーシヴァルは生後6か月で病に侵され、余生をぜひうちで、と希望してくださった里親さんのお家で短いながらも幸せがぎゅっと凝縮された時間を過ごしたのち2週間弱で旅立ってしまったのです。

ran22.jpg

そしてランスロットにお声がかかったのは11月の終わり頃。
里親希望者さんは最近お店に来てくださるようになった方で、ランスロットのことはほとんど一目ぼれだったのだと思います。
スタッフも驚きのスピードお申し込みでした。

それでも、ご来店の際にたくさんお話をさせていただいていて、心から猫さんをお任せしたいと思える方だったので何の問題もなくトライアルが決定し、もともと先住猫さんのいるお家で猫グッズも揃っていたのですが、さらにランスロットを迎える為にいろいろ準備をしてくださり、工夫の凝らされたお家でランスロットの新生活が始まることになりました。

お届け当日。
お家に着くなり楽しそうに探検をするランスロット。予想通りでしたがさすがです。
あまりにも平常運転なので先住さんとの相性以外は何も心配することなくお家をおいとまして帰ってきました。

トライアル中に里親さんからいただいたご報告によると、ランスロットは初日から里親さんの後をついて回り、夜は腕枕で寝ていたとのこと。
積極的に人に甘えるタイプの猫さんではありませんでしたが、本当は甘えっこだったのね。

ran7.jpg

ran5.jpg

ran6.jpg

里親さんから送っていただく写真は、どれも寛いで満ち足りた表情のものばかり♡

懐の深い先住さんのおかげでふたりは数日で打ち解け、寄り添って寝たり追いかけっこをしたり、家族全員で一緒のベッドで就寝するまでになったそうです。

ra2.jpg

ran3.jpg

 最近いただいたご報告では、ふたりの距離はさらに縮まっていました。

ran20.jpg 
良いお兄ちゃんが出来て良かったね、ランスロット!

ランスロットはトライアル2日目からランサーと呼ばれていて、そのまま正式名称となったそうです。
もともとお店でもランちゃんと呼んでいたので、本ニャンも名前が変わったことに気づいていないかも?(笑)

ランサーくん、おめでとう!
パーシヴァルもきっと見守ってくれているよ。
末永くお幸せにね!

よう君りぼん君 正式譲渡になりました!

ブログでお知らせするのがと~っても遅くなりましたが、
よう君とりぼん君、正式譲渡になりました😻

201810071751475ed.jpg 
よう君とりぼん君は、もともとは2年間お家の子でした。
が、元里親さんの事情で、元々の保護場所であるリトルキャッツに返された子たちです。

2018100717514067e.jpg 
2018101117313032a.jpg 

2年間一緒に過ごしてきた猫たちを手放すなんて…、
と、元里親さんに恨み言のひとつも言いたくなってしまいますが、
よう君とりぼん君の真っ直ぐに人に甘える姿を見て、
彼らが人を信じている気持ちはとても純粋で、
手放されたことに対する悲壮感は少しも感じさせなかったことが救いであり、
2年間、彼らが大切にされていたことは、彼らを見ていれば分かることでした。

次が、次こそが彼らの本当のずっとのおうち。
ちょっと寄り道しちゃったけど...。
そんな気持ちで彼らのたまゆらでの生活が始まりました。

20181007175144f70.jpg

たまゆらでのふたりは、伸び伸びと自由に暮らしていました。
特によう君は甘えん坊でお膝大好き。
獣医さんに往診で来てもらった時は、
獣医さんの膝に秒で乗っていたよう君(笑)。
ご飯への執着も人一倍強く、
おやつやご飯待機の時はキャラ変くらいの勢いでギャオス声を出していました(笑)。

20181007175143f43.jpg 
逆にりぼん君は慎重派の甘えん坊で、
撫でられたり人のお膝が大好きだけれど、自分からいけずにじっと待ってるような子でした。
名前を呼ぶと近くに寄ってきて、目の前でクテンと倒れて「撫でて~」とお腹を見せる姿は、
誰にでも甘えるタイプではない少し不器用なりぼん君の愛しい姿でした。

20181007175146fe5.jpg (ここまでのお写真はいつも素敵な保護猫写真を撮っている ゑびすた  さんのお写真使わせていただきました✨)

よう君とりぼん君に声をかけてくださった里親さまは、
どの子がいいか、どの子も良い、決められない、と4か月間もお店に通ってくださったお客様でした。
仲良し家族に見初められたよう君とりぼん君。


トライアルの初日から、よう君がご家族のベッドで寝ている写真が送られてきて、「さすが、よう君(笑)」と笑ってしまいました。
お腹に衝撃があって目をやると、里親様のお腹を枕にして寝ていたそうです♥
りぼん君は慣れるのに少し時間がかかりましたが、
3日目には、里親さまから「仕事から帰ると、よう君とりぼん君が出迎えてくれました。しあわせ(* ̄▽ ̄)ノ~~♪」とトライアルの様子を知らせるメールをいただき、こちらも幸せな気持ちになりました✨

201810071751494a9.jpg 
トライアル1週間も経つと、我がもの顔でベッドを占領するようになり、
ご飯のある場所も覚え、人のご飯も狙うようになり(笑)、
すっかりおうちの子として里親様の暮らしに馴染み、
なんの心配もなく正式譲渡になりました。

20181007175151b3a.jpg 
名前はよう君とりぼん君、そのままだそうです✨
甘えん坊のふたり。
専用のお膝と占領できるベッドがあることはどれだけ嬉しいことでしょう。
里親様、よう君りぼん君、末長くお幸せに‼


(スタッフ 戸田)

福ちゃん正式譲渡になりました

8月にトライアルに入った福ちゃん、Facebookなどではお知らせしていましたが無事に正式譲渡となりました。(いつの話だって感じですね…)


fuku7.jpg 

たまゆらに来たばかりの福ちゃんは小さくて華奢で、か弱そうな雰囲気だったのを覚えています。

そんな雰囲気とは裏腹に、一緒に来たすずちゃん、しまちゃん、ぴーちゃんの中で唯一最初からご飯を完食し、しかもとっても大きな声でおしゃべりする頼もしい子でもありました。

みんなが来たばかりの頃の記録ノートを見ても、他の子たちはなにかと心配事があるのに比べ、福ちゃんに関しては「福ちゃんはごはんをちゃんと食べる良い子」くらいしか記載がなく、如何に手がかからなかったかを物語っています(笑)


fuku8.jpg 


フロアフリーになってからは、もんちゃんとキジキジコンビで仲良くなり、大好きな同期のぴーちゃんに甘え、お客様のお膝で寛ぎ、おやつとごはんでは誰にも負けない根性を見せ、爪切りは断固拒否!と自由気ままに暮らしてくれていたと思います。


fuku9.jpg


そんな福ちゃんに目をとめてくださった里親さんは、先住さんと相性の良い猫さんを2年ほど探し続けているご家族でした。

実は最初モリスが気になっていたとの事でしたが一足お先にモリスは卒業してしまい、福ちゃんでお申し込みをいただいたのです。

たまゆらで初の先住さんがいるご家庭へのトライアル。どうなることかとドキドキしておりました。

 fuku2.jpg 

福ちゃんドヤ顔ですが、そこはテーブル…(^^;


fuku3.jpg 

先住さんともあっという間に仲良くなりました。


fuku4.jpg 



fuku5.jpg 



fuku6.jpg 


私たちの心配も何のその。

事情で到着直後に先住のちぃちゃんとご対面することになってしまったのですが、初日はお互い威嚇することもなく付かず離れずの状態を維持していたとの事。

そして数日後には福ちゃん、まず先住さんに甘えに行ってから、相手にされないと人の方へ来るくらいになっていました。

福ちゃんが猫好きなのは知っていましたが、たまゆらでは新しい猫さんが来るたびにまずはシャーのご挨拶からだったので、正直この展開は予想外…。さすが2年かけて先住さんと相性の良さそうな子を探されただけのことはある!と驚きでした。


途中先住さんが福ちゃんに構われ過ぎることのストレスからか体調を崩してしまい病院を受診するというトラブルもありましたが(検査の結果は問題なかったそうです!ほっ)概ね順調にトライアルは進み、そして正式譲渡となりました。


里親さんはこのトライアル期間中に福ちゃんの性質をばっちり見抜き「福ちゃんはお姫様気質の王子様」と形容されていて、普段「福ちゃんって女子力高いよね」と話していた私たちは大笑いでした。

そう、福ちゃんて正にそうなんです!


里親さま、ちぃちゃん、福ちゃんを末永くどうぞよろしくお願いします。

この度は素敵なご縁をいただき、ありがとうございました。

7月15日モリス正式譲渡になりました

ブログでのご報告が遅くなりましたが、モリス、正式譲渡になりました。

たまゆらは2017年11月19日にオープン、オープニングメンバーは11月2日にお店にやってきました。モリスはオープニングメンバーの中のひとりです。
20180803174553b2d.jpg 
ほとんどが仔猫の中、朴訥とした雰囲気をまとい、ミルクティー色の毛色と極短のうさぎ尻尾が目を引く猫さん、それがモリスでした。
特に目立つヤツ(愛を込めて「ヤツ」と呼ばせてください)でもなく、
人に甘えるわけでもないのに、なぜかお客様から愛されるキャラクターのモリス。

20180803174557904.jpg 
モリスのことを新規のお客様に紹介する時、
“大体寝てます。ぬっと起きてきてたまに遊んでいると「あのモリスが起きてる…っ」と常連さんに驚かれるんです”
そんな失礼な紹介の仕方をよくしていました(笑)。

おトイレを失敗(というか狙ってたのかも💦)する時期もありました。柔らかい布の上で大も小もしていて、洗えるペットシートを用意し、猫砂を色々試した上で、モリスが布の上でホリホリ…とする度に「なんでやねん!」とツッコまずにいられませんでした。

201808031745549dc.jpg 
食欲にもムラがありました(というかただのワガママだったんですが)。
最後まで皆と一緒にご飯を食べず途中で食べるのを止め、キッチンにポテポテと向かい、スタッフをじっと見つめ、
「ほら、あれ、あるでしょ。あの美味しいふりかけかけてほしいんだよね。」と、ひとり特別メニューをもらえると信じて疑わず、ゴーイングマイウェイっぷりをずっと続けていたモリス。

3月頃は、当時里親募集中だった黒猫のさわちゃんをいじめるようになりました。さわちゃんが卒業してからは、黒猫のぴーちゃんとの仲が悪化し、お互いに傷を負ってしまうほどのケンカをするようになってしまいました。
掴み所のないモリスが考えていることを汲み取るのは難しく、ただ、何か、不満なのか、生活しづらさなのか、なにか満たされない想いがあったのだと思います。

20180803174556b8d.jpg (こちらの写真はリトルキャッツの猫さん-主にMeooow!さん-の写真を撮っているとなねこさん撮影)

そんな時に、先に卒業していたひよりちゃん(現ロロちゃん)の里親様から、モリスを是非うちにお迎えしたいと声をかけていただきました。
渡りに船!といったかんじでしたが、
モリスは最初仲が良かった猫に対しても、急にいじめたりするところがあり、ロロちゃんに対してもそうなりかねない…と、一抹の不安が。
ただ、モリスの問題を笑い飛ばして受け入れてくださるロロちゃんの里親様にすべてを託しました。どうなってもこちらも受け入れようと。

基本的には「戻ってきちゃダメだよ」と送り出しますが、
モリスに限っては「戻ってくるかもしれない、戻ってきてもいいよ、ロロちゃんをいじめちゃうくらいなら…」という思いで送り出しました。

そして迎えたトライアル出発日。
特に愛想の良いわけでもないのに、人気のあったモリス。
別れを惜しむモリスファンのみなさんも一様に、モリスのトライアル出発を待ちわび、トライアルの成功を願ってやまない想いに溢れていました。

トライアル初日こそ、借りてきた猫のようになっていたモリス。
日を重ねるごとに、トライアルの様子をお知らせくださる里親様の文面に不安の陰が見え始め、トライアルも予定より延長させていただきました。
夜鳴き(あの小声のモリスが!)で睡眠不足の里親様が、「それでもモリスはかわいい」と仰ってくださる度に、「モリスぅぅ〜!!愛されてるなぁ〜!!」と叫び出したくなるほど胸が熱くなりました。
予定より延長になったトライアル期間。
里親様から静かに「おうちの子に迎える決心がつきました」とメールが届きました。

20180815183230d30.jpg 20180815183226792.jpg 
モリスは「守蔵(もりぞう)」という名前をもらいましたが、里親様は「変わらずモリスって呼んでください、家ではアイツとかコイツとか君!とか雑に呼んでるときもあります」とのことで(笑)。
その屈託のない飾らない愛情表現が、私はとても嬉しく、眩しく感じます。
お店では、撫でられるのもあんまり好きそうではなく、身をよじらせて人の手を避けていたモリスですが、
甘えたい時は里親さんの周りをウロウロして(そんな可愛いことをするのかモリスよ!笑)、
「なんだ甘えたいのか!こいつめ!」とわしゃわしゃ撫でているそうです。
お店にいた時とはまるで違う様子を里親様から聞くたびに、目頭が熱くなってしまいます。

モリスは食欲の問題などがあり、保護猫カフェとシェルターを何度か行き来していて、
ずっとのおうちを探すために寄り道をたくさんしましたが、今の里親様と出会うために道草食ってたんだね、モリス!

2018081518322978a.jpg 20180815183227c77.jpg 
さらば、行け!ご無事に暮らせ!もしこれが、永遠のお別れならば、永遠に、ご無事に暮らせ。(太宰治)

トライアルに向かう猫さんたちを見つめながら、いつも、このフレーズが頭をよぎります。
さようならは寂しいものですが、
家族に迎えられた猫さんたちとのさようならは、とっても幸せです。

モリス、ロロちゃん、里親様、どうぞ末永くお幸せに!


(スタッフ戸田)
プロフィール

catcafetamayura

Author:catcafetamayura
山梨のNPO法人“リトルキャッツ”から来た猫たちが、ずっとのお家に行ける日を待っています。
里親ご希望の方だけでなく、猫さんたちに癒されたい方もお待ちしております!
ホームページはこちら

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR